トップページ > 工法の仕組み Method

工法の仕組み Method

1.ネコヤナギ・エコ工法(略称)の施工順序

本工法の適用は、既設の護岸を原則としておりますが、新設の護岸への適用も可能です。
新設の場合はここでは省略しますが、既設護岸への施工手順は図-1のとおりであり、以下に基本的事項とその内容を整理します。

【手順1】植栽位置に対してコアボーリングマシーンを護岸面に垂直にセットし、裏込め材に達するまで穿孔して植栽孔を設ける(図-1⓵)。

【手順2】竹ポット内に用土(川砂利)と挿し木を、上部に用土押え材をセットし、麻紐を用いて緊結する(図-1⓶、⓷:竹ポット構造体作製)。

【手順3】植栽孔内の所定位置まで用土を入れ、吸出し防止材や竹ポットを挿入すると共に間詰材で充填し、竹くさびを用いて護岸面に一次固定する(図-1⓸)。

【手順4】発根と萌芽、成長による緑陰が完成する(図-1⓹、⓺)。

ネコヤナギ・エコ工法の実施手順(既設護岸の場合)
図-1:ネコヤナギ・エコ工法の実施手順(既設護岸の場合)


2.適用場所は?

本工法の適用場所は、以下の条件を満足するような設定が必要です。

(1)自然条件に対して

(2)環境条件に対して


3.植栽施工の時期は?

本工法による植栽施工の最も望ましい時期は、下表のとおりです。なお、植栽可能時期とは、竹ポットへの植込みを行って置き、それを利用する場合の期間です。

植栽施工の適期及び不適期期間
表-1:植栽施工の適期及び不適期期間

4.植栽計画の標準
(1)植栽区間延長

植栽区間延長は、可能な限り1区間50m~100m(植栽本数25本以上)となるような設定を希望します。これは水辺の環境改善効果をより向上させることを実績で確認しております。なお、25本未満となる場合は、公表単価の割り増しが必要となります。

(2)植栽間隔と高さの標準

植栽間隔と高さの標準は、図-2を基本としています。なお、範囲を持たせていますが、植栽の利用目的に対する配置方法や対象河川の増水頻度、または護岸背面の地下水状況に対応するように配慮しています。

植栽間隔と高さの標準
図-2:植栽間隔と高さの標準

5.護岸への穿孔

本工法の適用場所は、前項に述べているように既設護岸が原則です。したがって、河川の平水位等を考慮して植栽高さを設定した後は、図-3に示すような植栽孔を設け、吸出し防止材や竹ポット構造体を挿入・固定することで植付けが完了します。
 ここでは、その植栽孔の穿孔について述べます。

植栽孔と竹ポット構造体の挿入・固定
図-3:植栽孔と竹ポット構造体の挿入・固定

(1)穿孔方法

護岸への穿孔方法は、表-1に示すような各種機器による作業性・環境適合性等の比較を行うと共に、機器が小型かつ簡単で取扱い易いことと(特に搬入路を必要としないこと)、経済性を考慮して写真―1に示すコンクリート穿孔機の利用としています。

植栽孔の開削方法に対する作業性比較
表-1:植栽孔の開削方法に対する作業性比較

(2)穿孔深さと孔径
写-1:穿孔機とその作業
 

6.竹ポット構造体の作製
(1)竹ポット構造体の構成材料

本工法は、ネコヤナギを確実に活着させるために竹筒を利用した構造体を作製し、植栽孔に挿入・固定する新技術であり、様々な工夫が成されている特許工法です。
 その構成材料は、1節の竹筒(図-3参照)、ネコヤナギの挿し穂、植付け用土、ナイロン製棒ネット、麻布、麻紐、竹串(写真-5~写真-8参照)等で可能な限り天然素材を利用しており、植栽後は自然回帰させることを考慮しています。
 写真-9は、これらの組み合わせによる竹ポット構造体の完成品です

なお、これらの構成材料について配慮している点は以下のとおりです。

(a)ネコヤナギの枝の構成と挿し穂採取用の親木の同定

挿し穂採取用の親木は、図-4に示すような2~3年生の枝部分を同定して切出し、その中から挿し穂に適する部分を選定します。その理由は以下のとおりです。

図-4:ネコヤナギの枝構成と挿し穂の切出し範囲

また、切出した挿し穂からの選定は、以下の点を考慮しています。

(b)用土の採取基準

用土は、対象河川から採取することを原則としています。

(c)竹ポット

竹ポット材料は、以下の点を考慮して採取します。

また、竹ポットの加工は、以下の点を考慮しています。

なお、底面のキリ孔と側面のスリットは、初期段階での水分補給路と、裏込め部及び側面周囲への根張りを行わせるための工夫である。

(2)竹ポット構造体の構成材料

竹ポット構造体の作成手順は、前項で示した材料を用いて行いますが、その手順を示したものが、写真10~写真17です。

写-10:ポット材料の長さ・径の検査写-11:挿し穂の材料の検査
写-12:棒ネットセット及び用土投入写-13:挿し木のセット
写-14:竹串セット 写-15:用土押え材(麻布)のセット
写-16:麻紐による緊結写-17:構造体の完成

7.植栽作業

植栽作業は、前記写真-2~写真-4に示す作業を終えた後に継続して写真-18~写真-18に示す作業を行って植栽を完成させます。

写-18:吸出し防止材の挿入写-19:竹ポット挿入と間詰材の充填
写-20:植栽孔への竹ポットの固定写-21:植栽後の水やり

8.植栽後の管理

本工法は、生きた植物を取り扱う工法です。したがって、植栽後1年間は、施工担当者として管理を行うこととしており、その作業項目は以下のとおりです。

写-22:1年目の枝の剪定写-23:剪定した植栽の再萌芽状態

9.経済性について

ネコヤナギの植栽に関する新技術情報は、NETIS登録技術として広く一般に公開(登録番号 QS080012V)しておりますが、その工事費(直接工事費)の詳細な内訳は以下の通りです。

表-1はNETISにおける公表単価の内訳(施工実績による歩掛調査を基準)であり、図-6は1本当りの費用構成を円グラフ表示したものです。

これを図-7に示すような植栽1箇所における葉張り幅並びに葉張り高を考慮して、有効緑化面積当りに換算しますと以下のようになります。

図-6:1本当りの費用構成表-1:NETIS公表単価の内訳
図-7:1箇所の植栽による有効葉張り幅と有効葉張り高の範囲

これに対して、最近の環境整備に利用が多くなっている環境保全型ブロック積護岸の場合の1㎡当りに対する直接工事費を市場価格に基づき積算すると以下のようになります。

これらの結果を比較すると、ネコヤナギ・エコ工法の1㎡当りの直接工事費は、環境保全型ブロック積護岸の場合の1/5程度となります。

さらに環境保全型ブロック積護岸においては、既設護岸を撤去する場合ではその撤去費用が、新たに護岸を築く場合では土工事や仮設工事費などが別途に必要であり、工事期間も長く、施工ヤードの確保や中規模な施工機械化など環境への負荷も大きくなります。

一方、ネコヤナギ・エコ工法では、工事期間も短く(延長50mで25本の植栽での現地作業は3日程度)、施工機械も簡易であり、施工ヤ-ドも特に必要とせず、総合的に極めて経済的な工法です。

<技術指導>松本技術コンサルタント株式会社 TEL:0979-23-3636(担当/秋本)
<施工協力>内山緑地建設株式会社 TEL:0943-72-2138(担当/吉岡)